調剤薬局について

薬剤師が常駐していて、調剤を行える設備が整っていて。医師の処方箋に基づいた調剤ができるところを薬局といいます。
調剤薬局は調剤を主な業務としていますがそれだけではありません。服薬指導と薬歴の管理を行うことで薬剤に関する医療過誤を予防することが医療の質的向上につながり調剤薬局の使命でもあります。。
すべての患者さんの薬剤服薬歴管理指導簿(薬歴)をお作りし、初回の受付から、アレルギー歴、副作用歴、他科受診・多剤併用薬の有無、体調の変化から飲食物の嗜好・相互作用、生活習慣など多岐にわたる患者さんの情報を収集・記録し、個々の患者さんの生活にあった丁寧な服薬指導に努めています。
また、薬剤の保管や在庫管理にも細心の注意を図っており、患者様に安全・安心・正確なお薬をお届けできるようにしています。

お薬手帳

複数の疾患を同時に患うことにより、いくつかの病院で様々なお薬を処方されることがあります。「お薬手帳」の役割は、そんな複数の処方薬の管理を、『かかりつけ薬局』で一元化することで飲み合わせのチェックや相互作用の問題を解決することです。いわば、お薬手帳は一目でわかる個人別「薬のカルテ」です。
お薬手帳とは、患者様が服用した薬の名称や用量、経験した副作用などを時系列で記録するための手帳のことです。
服用しているすべての薬を1冊に記録することが大切です。病院や薬局ごとに別々のお薬手帳を作らないようにしてください。

薬を飲むタイミング

薬は決められた用量・用法で飲むのが大切です。

食前   食事の約30分前
食後  食事の約30分後
食間  事の約2時間後
食直前  食事のすぐ前
食直後  食事のすぐ後
寝る前  就寝約30分前
頓服  必要に応じて

薬の一般使用期限

一般用医薬品(OTC医薬品)

薬局などで購入できる一般用医薬品(OTC医薬品)には、外箱に使用期限が書いてありますが、これは未開封のときの期限です。 開封した場合は、風邪薬などは1シーズン、ビタミン剤や塗り薬などは6ヶ月〜1年程度、目薬は1〜2ヶ月などが使用期限の目安になります。

処方せん薬(医師の処方せん)

医師の処方せんが必要な薬(医療用医薬品、処方せん薬)の場合、使用する期限は、原則的に薬の袋に書いてある期間となります。 例えば、1日3回5日分でしたら、原則的に5日目が使用期限になります。それを数日越すぐらいでしたら特に問題ありませんが 数ヶ月以上取っておくことはやめましょう。

処方箋は藤本調剤薬局へ

医療機関の発行した処方箋は藤本調剤薬局にお持ちください。
患者様の薬歴を確認しまして薬剤師が正確・安全に処方いたします。

採用情報

明るい薬局で私たちと一緒に働いてみませんか。
薬剤師(正社員・パート)
募集中です。
詳細はこちら

営業時間・休日

平 日 8:45〜17:30 
土曜日 8:45〜12:30
休 日 日曜・祝日
TEL 0979-33-7033

福岡県築上郡吉富町広津385-1
地図はこちら

リンク